スキンケアの基本!美容液の役割と選び方を知ろう

美容液の役割って?正しく使おう

美容液とは、有効成分を肌に補給するために使用するスキンケアアイテムです。シワや乾燥といった肌トラブルを防ぐには、美容液を使用して美容成分を取り入れるのが一番最適です。美容液を使用する場合はまず、クレンジングでメイクを落とし、洗顔で皮脂や角質、洗い残したメイクやクレンジング剤を落とします。清潔な肌になったら、洗顔で失われた水分を補給するために化粧水を塗って肌を整え、美容液を使って肌に必要な栄養を補給し、その後は、乳液やクリームなどの油分でフタをして水分の蒸発を防ぐのが一般的です。美容液は容量が少ない上に金額が高めですが、美容成分が濃縮されているため、美肌効果が高いアイテムです。

美容液の成分と効果とは?

美容液には様々な効果がありますが、保湿、美白、アンチエイジングの3種類が多く使用されています。保湿用美容液は、肌の乾燥を防ぐセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合されており、肌の内部の水分保持力を高めて健やかな肌をつくります。美白用美容液は、シミをつくる原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあり、ビタミンC誘導体やアルブチンが配合されているので、シミや日焼け対策に最適です。ターンオーバーを促進させる効果があるので、できたばかりの小さなシミは消える可能性がありますが、できてしまった目立つシミを消すのは難しいといえます。アンチエイジング用美容液は、レチノールやナイアシン、EGFなどが配合されており、加齢とともに失われるハリや弾力を取り戻すようにアプローチし、しわやたるみを改善します。

美容液の効果をより高める選び方とは

美容液には、成分や効果が様々ありますが、選ぶ際は、自分の悩みや予防したいことに絞って選ぶことが大切です。最近人気のオールインワンタイプの美容液は、様々な成分が配合されているため効果があると思われがちですが、効果が分散してしまうため、悩みにしっかりとアプローチできないこともあります。また、敏感肌の方や、どれを使ったらよいかわからない、という場合は、保湿用美容液を選ぶと安心です。女性は20代半ばを過ぎると皮脂の分泌量が大幅に減少し、肌が乾燥しやすくなってシミやしわ、乾燥といった肌トラブルの原因になるので、早めに対策しておくことが大切です。

品川美容外科の2chについて詳しく